増税への対抗策、キャッシュレスポイント還元事業とは?

はじめに

2019年10月1日よりいよいよ消費税率の引き上げが始まります。
これに伴う需要の減少を懸念する政府はその対抗策として、消費税率引き上げ後の9ヵ月間、中小・事業者によるキャッシュレス手段を利用したポイント還元事業を始めます。

対応カード・支払い方法


対応カード種類はとても多く、
クレジットカード払いのみでなく、LINE Payや、メルペイなどのQRカード支払いにも対応しています。

対応している店舗には、CASHLESSのロゴマークがついているようです。

しかし、現在登録加盟店を検索したところ、加盟店は至る所にあるものの、ほぼ全店舗がかれに加入しているというわけではないようです。

よって、どこでもキャッシュレスで2%~5%還元というわけではなく、一部の場所で還元というような形になりそうです。

しかし、経済産業省が主導をとって進めている事もあり、加盟店は今後も増えていくことが期待されます。

まとめ

キャッシュレス決済については最近色々なものがでてきているので、知らない人がいないぐらいだと思うのですが、まだまだ怪しいと感じて手を出せていない人も結構多いのではないかと思います。

しかし、キャッシュレスになることによる恩恵は国にとって大きなものになると考えられます。

というのは、今回のキャンペーンもそうですし、キャッシュレスを提供する会社からみても提供されるキャンペーンのお得感はとんでもないものです。

今までにあった例を挙げると、キャッシュレス決済が出た当初は、PayPayが一番大きなキャンペーンを行っていました。

内容は、購入金額の20%還元+5~20人に一人は全額キャッシュバックです。

キャッシュレスを利用するという事自体は全くコストにならないために、単純に20%オフと考えるとかなりのパワーであることがわかります。

どうしてこれだけの還元などができるのかというと企業からするとシャアを取り競争に勝つことが非常に重要だからです。

つまり、シェアを取り市場にいるたくさんの人に使ってもらえることによってここで消費した分は余裕で取り戻せると踏んでいます。

このキャッシュレスの波は一時的なものだと考えています。

現在は各社シャアが散らばっていますが、まとまってくるとここまで大きなキャンペーンなどはやらなくなるでしょう。

つまり、キャッシュレス怪しいと乗り込まない人たちが多い今の時期が大変お得なキャンペーンなのです。

基本的にキャッシュレス決済を提供している会社はかなり大きな会社ばかりなので、入れたお金が返ってこないみたいな問題はほぼ起こらないと考えて問題ないかと思います。

現にセブンイレブンが少し前にやらかした事件がありましたが、当然損害を被った分の金額は返却されています。