KAIKOKUでwebマーケティングの業務委託をやってみた

KAIKOKUって何?

KAIKOKUは、webマーケター向けの副業マッチングサービスです。

始めは、単純に仕事を紹介してもらえるプラットフォームなのかと思っていました。

しかし、実際に業務を受けてみると、ミーティングは、依頼企業、KAIKOKUスタッフ、私の3者で基本的に進んでいくようです。

KAIKOKUスタッフは何をするのかというと、ミーティングの設定ファシリテーションや、足りない視点を補足するという役回りなのかなと感じます。

さすがに、マーケターのマッチングサービスであるだけあり、全くの知識皆無というわけではないようで、色々話に入ってくるのが他のサービスとの違いかなと感じます。

KAIKOKUの仕事紹介

KAIKOKUから業務が紹介される頻度についてですが、2週間に1度ぐらいの割合で、facebookメッセンジャーより仕事の紹介メッセージが送られてきます。

報酬については、決まっているのかわかりませんが、時給2610円の業務が多いようです。

メッセージが送られてきて気になる業務があれば返信します。
その後、企業の方も交えての面談に進み、問題がなければそのまま業務開始です。

また、KAIKOKUにはMAXでおよそ700~800とみられるスコアというものがあり、スコアによって大体の紹介企業、報酬額を設定していると考えられます。

筆者のスコアは、444となっているため、444の場合には、上記の割合、時給となるのかもしれません。
スコアが444の場合には、目安の報酬金額は、10万円とされています。

KAIKOKUを利用するメリット

KAIKOKUを利用するメリットとしては、自分で仕事を探すのではなくたまに、facebookメッセンジャーを通して募集が送られてくるので、自分で探す手間が省ける点が良いです。

また、時給に関してもwebマーケターで2600円は通常の募集の中では高いほうなので、中々良いです。
(筆者の感覚ではwebマーケターの相場は、1500円~2000円)

しかし、一方ですぐに仕事を見つけたいという方にはあまり向いていないです。

KAIKOKU総合評価

他のマッチングプラットフォームと比較してKAIKOKUはどの程度のものなのでしょうか?

個人的な感覚としては、webマーケター専用のプラットフォームであるという事で、余っている時間を数十時間埋めるために、仕事を探しているという事であれば、webマーケターにとっては良い選択肢になると思います。

しかし、筆者の経験からCODEALなどの他のプラットフォームからでも、時給的には、3000円程度の業務委託を受ける事は可能であることから、選択肢の一つに入るというレベルです。

単純にこのプラットフォームと決めてしまうよりも、時々によってプラットフォームが抱えている業務の種類は異なるために、複数のプラットフォームに登録して探していくという探し方がおすすめです。

時給に関しても最初からしぼってしまうより、高めに設定して徐々に落としていくというぐらいの資金の余裕を抱えていたほうが良いです。