新卒こそ業務委託をして「仕事は他人からもらう」意識をやめるべきだ

筆者は新卒で入社した会社を1年で辞めて業務委託をしています。今もウェブマーケティングの業務委託の仕事をしながら生活費を稼いでいるのですか、良かったと思うことがいくつもあります。

その中で最大のものが、仕事は他人からもらうもの、と言う暗黙の了解から解放されたことです。

日本社会にはびこる「新卒は見習い」意識

日本社会には、新卒をとても可愛がると言う習慣があります。普通の会社においては、入社してからおよそ2 3年の間は育成期間としてみなされ、一社会人としての成果や売上目標を達成していなくても、可愛がってくれる傾向があります。

しかしこれは海外では一般的ではありません。欧米ではスキルのない社会人は相手にされず基本的にクビになるのが当たり前です。特にアメリカなどでは、雇用規制が緩いこともあり、サラリーマンであっても常に激しい競争にさらされるのが普通です。新卒を可愛がる文化も存在しません。新卒でも社会人なのだから、役割を果たせ、というのが一般的な考え方です。

一見日本の方が優しい、と思うかもしれません。しかしどんなことにもメリットとデメリットがあります。日本の新卒を可愛がる文化のデメリットは、暗黙のうちに仕事は他人から教えられ、貰うものである、と社員に刷り込ませてしまうことです。

新卒の間は大抵、先輩がついて仕事のやり方を丁寧に教えてくれます。型にはまったやり方が既にあり、それを確実にこなせることから始めよう、というのが一般的です。これは大変素晴らしいのですが、型にはまらないような仕事がやってきた途端に、「どのように対処するのか?」を考える機会をなくしてしまうことにもつながります。

そして「自分の仕事はXXであって、XXのフォーマットにしないとそもそも自分の仕事ではない」といった不毛な議論が始まるのです。

そもそも仕事が型にハマっているかどうかは、企業にとってはあまり関係のないことです。企業は社会的に必要とされている事業を通して、利益を上げるのが本来のあるべき姿です。そのためには型になっていないような、混沌とした困難な状況にも果敢に挑んでいく必要があるはずです。

日本に「ユニコーン」と呼ばれる時価総額が1000億円を超えるようなベンチャー企業がアメリカやヨーロッパ諸国と比べてもかなり少ない理由の一つが、ここにあるのではないかと管理人は感じています。

日本社会の企業の中で実績を上げてきた人たちは、型にはまった仕事の中で実績を上げるのが得意な人たちなのです。全く存在しない市場に対して悪戦苦闘しながら利益を乱す仕組みを作るのは全く別次元のスキルです。

別にそれでもいいじゃないか、と感じる方もいるかもしれません。しかし型にはまった仕事は常に第一人者になることができません。第一人者になるには型を作る側に回り、誰よりも先駆けて悪戦苦闘している必要があるのです。日本は新卒を可愛がり仕事を丁寧に教えると言う文化のせいで、このようなやる気のある若い人材を浪費してしまっているようにも感じます。

新卒こそ成果が求められる業務委託で悪戦苦闘すべき

そこで筆者がお勧めするのは新卒も業務委託で悪戦苦闘してみることです。日本企業では新卒をあまりにも可愛がり、仕事とは与えられたことをきっちりとこなすものだ、と言う意識が頭の中にインプットされてしまいます。しかし仕事の本質とは、貰っている給料以上の生産性を上げることです。

残念ながら業務委託では求職者を駒のように扱って、社員よりも安い労働力として酷使するところもあります。しかしそれが世の中の業務委託の全てではありません。きちんとした運用で業務委託に仕事をお願いしているところもあります。そして業務委託では基本的にあなたが求められる以上のアウトプットを出せないのであれば簡単にクビになってしまいます。

さすがに入ってすぐの新卒でお給料以上のアウトプットを出すのは難しいので、筆者のオススメとしては新卒で入って1年後をめどに、副業として業務委託の仕事をやってみることです。営業職であろうと、マーケター職であろうと、ITエンジニア職であろうと、業務委託と言う形で労働力を募集している企業はたくさんあるものです。
また副業を通して自分の元いた企業だけでは経験できないような業界知識なども身に付けることができます。お金を貰いながら仕事の本質を学ぶことで、市場価値を高めていくことができるわけです。もちろん副業としてやっているので、本業の企業のお給料で今までの収入は確保することができます。つまり収入的にはノーリスクで挑戦ができるということです。

これを利用しない手はないと思います。正直、会社で副業が認められていなくてもやる価値があると思います。あなたを最終的に守ってくれるのは会社ではなく、自分自身です。

まとめ:新卒でも業務委託をしよう

新卒で副業の経験を積むのはおこがましい事に思えるかもしれません。しかし本当におこがましいか、おこがましくないかは、あなたの仕事のアウトプットを通して決まることです。つまり折角の機会をないがしろにするか、人生の貴重な経験にするのかは、基本的にはあなたの手に委ねられています。

もし悩んでいるのであればいちど挑戦してみることをお勧めします。