クリック報酬 nend 枠別実績報告

普段は、GoogleAdsenseを利用していますが、収益を上げられないかと思い様々な広告媒体を試しに利用しています。

その一つにnend広告というものがあります。
Adsenseと主に異なるのは、スマホがメインの広告になるという事です。

結果から言ってしまうと、筆者のメディアではAdsenseを利用したほうが良いのですが、追加で収益を得るためにいくつかの広告を利用すると若干収益を上げることができそうです。

本記事では、nend広告を運用した結果どの程度の結果が出せるのかという事について紹介します。

掲載箇所別実績

icon広告

icon広告に関しては実質ほぼ機能していないといって良いでしょう。
まず、icon広告で表示される広告の種類には、数種類しかありません。
なので、2~4個程度表示させるアイコンの個数を選択する事ができるのですが、4個などにすると同じ広告が何個か表示されることになります。

そして、気になる実績は、、、
表示回数 57万
クリック数 1
報酬額 0

テキスト広告

テキスト広告は表示はされるのですが、報酬単価が低すぎます。
ほぼ、1~3円といったところなのではないでしょうか?

従って、この広告を表示させるぐらいなら他の広告を表示させたほうが有効であると思います。

結果は、こちらです。
表示回数 120万
クリック数 14
報酬額 18

bibincomオーバーレイ

そして、期待のオーバレイです。
しかし、オーバーレイに関してはbibincom仕様となっております。

bibincomは何かというと、nendと同様広告会社だと思っていたのですが、nend広告を強化して収益率をアップしてくれるらしいです。

怪しいですね。

ただ、どこかの記事で実際に収益率が上がったと書いてあったので、登録依頼をフォームからだし実際に利用してみました。

結果、それほど良いのか判断がつかなかったために現在は利用していません。
オーバーレイは枠を常にとるのでユーザビリティへの影響も大きいですしね。

ただ、ちゃんと枠を確保できるだけあって収益は上記の広告たちと比較するとまだまともに上がるようになっています。

結果は、こちらです。
表示回数 63万
クリック数 17
報酬額 620

まとめ

nend広告は、Adsenseの収益の追加になると良いと思い始めたものですが、正直Adsenseがあればそれほど必要にはならないと感じました。

特にオーバーレイ広告などは複数あるとユーザビリティにも問題がでてくるので、注意したほうがよいでしょう。