GoogleAdsenseを利用して簡単に儲かるブログ(副業)を作る 方法

Adsenseってなに?

Google Adsenseはメディア運営者向けの広告を提供してくれるサービスです。
わかりやすく言えば、自分がブログを運営しているとすると、そこに広告枠を設けることによって、収益化の機会を提供してくれるサービスになります。

自身が持っているメディアにGoogle Adsenseの広告枠を設定すると、広告枠の部分に広告が表示されるようになります。

表示される広告はGoogleがサイトを訪問したユーザに適切な広告を選定してくれるので、他のASPのように自分で提供する広告を選択する必要はありません。

実際に、提供される広告はユーザと関連性が高いものになるために、クリック率は比較的高めです。

Adsenseに向いているブログ

Google Adsenseに向いているブログというのはどのようなものなのでしょうか?

ずばり、以下のブログになります。
・めちゃくちゃユーザが多いブログ
良くGIGAZINEなどの大手メディアがAdsense広告を貼っているのを見かけることはないでしょうか?
ある程度ターゲットを絞れているものの、なぜ彼らは、Adsenseを利用しているのでしょうか?

上記のようなメディアはリピートユーザが多いです。
従って、何度も同じような広告を表示してしまうのはあまり良くありません。
しかし、Adsenseであれば状況に応じて新しい広告が自動で配信されるために広告の入れ替えコストなどが発生しません。
・ターゲットを絞れていないが、ユーザ自体は多いブログ
このパターンがAdsenseには非常に向いています。
特定のターゲットを絞るような広告や、成果報酬などはターゲットを明確に絞れていないようなブログでは、効果が薄いからです。

しかし、Adsenseを利用すれば、クリック報酬かつ、大して興味のないような方からも収益を発生させることが可能になります。

筆者もまともサイトのものを運用しているのですが、メインの収益源はAdsenseになっております。
・特定ユーザに絞れているが紹介する商材を選ぶことができないブログ
アフィリエイトは正直そんなに簡単ではありません。
まず、クリックされることもそれなりに困難なのですが、成果報酬を上げようとする場合には、なんか適当に貼り付けたら収益が上がった…なんて事はほぼありません。

従って、安定的に収益を上げようと思うとターゲットを絞って購入に十分な材料をしっかりサイト内部で設計しなければ成果報酬のものから報酬を得るのは困難です。

そんなときに役に立つのがAdsenseです。
もちろんそれほど流入がないと収益を見込むことはできないのですが、今回は、アフィリエイトでは収益が0でも、流入がある程度あれば、Adsenseなら収益は上がるという事で紹介しました。

Adsense登録方法

上記のページより、自分のURLとメールアドレスを入力していくと、Googleからの審査を受ける事ができます。

この審査が意外と厳しく苦戦しているような方もいるようです。
とはいえ、普通にサイトを作っていればそんなに落ちてしまうという事はないと思います。
どうしてもお手上げという方は、coconalaというスキルシェアサービスを利用する事を視野に入れても良いかもしれません。

Adsense広告設定方法

Adsenseの広告は基本的に、以下で構成されています。
・ディスプレイ広告
ディスプレイ広告は、サイト上のどこにでも簡単に表示できる広告です。
レスポンシブに対応しており、コードを記述するだけで適切なサイズの広告が設置されます。
・関連コンテンツ
関連コンテンツは、広告だけでなく、自分が記述している関連記事を自動的に取得して表示してくれる便利ツールです。
収益を上げるだけではなく、サイトの回遊率も高めてくれます。

Adsenseの最適化について

最適化として実行可能な項目は、主に「テスト」です。
テストは、A/Bテストを行って主に広告の掲載率を調整する事ができます。

上手くいけば収益率を下げずにユーザの利便性を高めることができる機能ですので、適宜活用していきたい機能になります。