時間がないから副業できない?なら仲間を作ろう

株式会社リクルートキャリアは2019年7月17日に副業に関する調査を発表しました。この強さは副業に踏み出すにあたりどんな1歩があればやる気になるのかを主に調査したものになります。
この記事ではその調査結果から、時間のないあなたがどうすべきなのかを解説していきます。

調査結果の概要

調査対象者は副業と兼業が認められている企業で働くおよそ2000人の男女。そして副業の経験があるのはわずか4割に留まりました。その一方で興味があると答えたのは今の終わり。多くの人々は興味あると答えている一方で踏み出せていないのが現状です。つまりあなたもそうだとしたら安心してください。多数派です。

しかし踏み出せていない理由となるとかなりバラバラになります。最も多い理由は時間がないと言うものです。これは4分の1を占めていますが、その次に多いのがまだ詳しくないと言う理由。お金を稼ぐ手段が分からないと言うことでしょう。ほぼ同率で探し方がわからないと言うものもあります。

解決手段は「身近に居れば」

この調査ではどのような手段があれば副業始める気になるのかも調査しています。これはかなり特徴がはっきりした理由がいくつかあり、25%ほどの人がほとんど同率で

  1. 兼業や副業をしている人が身近にいればやる気になる
  2. 会社からやり方などについてアドバイスされればやる気になる
  3. ライフスタイルが変化すればやる気になる
  4. 働き方改革が進めばやる気になる

と答えています(複数回答のため、合計で100%を超えます)。
さらにこの調査ではすでに副業を始めている人にも何がきっかけで始めたのかを聞いています。するとおよそ4割の人が「知人友人の影響」と答えています。
さらに25%の人が職場や友人知人で話題になったからと答えています。身近な人で始めている人がいるとやはり強いと言うのは間違いないでしょう。

始めたいなら仲間を作ろう

さて、この調査結果から読み取れる事は何でしょうか?副業を始めたいあなたが考えるべき事は何でしょうか?

この調査結果でも指摘されている通り、副業のきっかけの最大の動機は、周りに始めている人がいたことなのです。筆者が最初に副業を始めたきっかけも、周囲にそういう人がいたからこそです。つまり副業を始めたいなら仲間を見つけるところから始めましょう。

仲間を見つけるといっても、一緒に事業を立ち上げよう、というわけではありません。そんな壮大な話ではなく、信頼のおける友人や家族に相談しながら進めてみるのが最善だということです。副業の事はあまりオープンにしたくないかもしれませんが、だからこそ親友とも呼べる人と一緒に全て打ち明けてやってみることが近道になるのです。

時間の配分の仕方や、どのように自分を見せるか、どのように仕事をもらってくるかなどはやはりある程度のコツはあります。個人で悩んでいてもノーハウの共有がされませんので、ここはあえて信頼のできる人と一緒にやってみるのが良いでしょうそういう発想があったのかと言う良い学びにつながるはずです。現に私も信頼のおける人と一緒に様々な副業に手を出していますが、いつも相方のやり方には驚かされています。

まず仲間を見つけること。ここから始めてみてはいかがでしょうか。

まとめ:信頼の置ける人と相談しながら

副業を始めるきっかけがつかめないのは珍しいことではありません。むしろ多くの人が副業を始めるにあたってどうすればいいのかわからず迷っているのです。

その一方ですでに副業を始めている人は、周囲の人間から影響を受けた、と言うのがほとんどです。副業を既に始めている友人などから話を聞き、そのようなコミュニティーに入ってみるなどの努力をしてみることで、副業を始めてみる良いきっかけになるかもしれません。

ぜひ信頼のおける人と一緒に副業に取り組んでみてはいかがでしょうか。