若いうちにこそ副業で苦労して成長しよう、という話

副業をしたくても、リスクしかない。
特に若いうちは、まだ実力とかないし、そんな人にどこにも引き取り手はないんだから副業なんてムリ。今の会社が辛くても働きつづけるしかない…。

そんなことを考えている方も多いのではないでしょうか。
残念ながら、それは違うと言えます。なぜでしょうか?
実際に新卒から一年で辞めてしまい、今は個人事業主の管理人が説明します。

若いうちにこそ副業で苦労することのメリット

一度はどん底を見ないとヌルい会社員になる。ヌルい会社員はクビになる

ここでぶっちゃけます。副業で食っていくのは厳しいです。
あなたがどんなにサラリーマン、もしくはOLとして優秀でも、副業で食っていくのは厳しい。

これは申し訳ないですが、事実です。
本業で食っていくのと、副業で食っていくことは本質的に異なります。
サラリーマンとして優秀だから副業でも楽勝だろう、と考えるのは
「あなたは東大卒なんだから絵も美味いだろう」というくらい意味不明です。

関係ないんですよ。
東大卒だろうが、中卒だろうが、絵が上手い奴は上手いんです。それと同じです。

なぜか?仕事というのは、頼まれごとの連続です。
「お金を払うからこれをやってくれ」という頼まれごとの連続なのです。

あなたから勤め先の看板を取り外したら、何が残りますか?
自分はこれができる、あれが出来ると言っても他人から評価されないと意味がないですよ。
ここでの主語はあくまで「見ず知らずの他人」です。あなたがどう思おうが関係ないんです。
あなたは見ず知らずの他人から見て、金を払って頼まれるほどの価値がありますか?

見ず知らずの他人は本当に冷淡です。
「あなたが信頼できない100の理由リスト」を持っている思った方がよいです。
でも、逆に言うとこのリストを黙らせることが出来たら、それで食っていけます。

この感覚は、体験してみないと分かりません。
いざ頼ろうと思っていた「友人」が全く頼りにならず、
税金の払い出しばかりで銀行口座からは何もしなくても金がなくなり、
誰にもかまってもらえずに精神をすり減らす。
そんな経験です。

そこで、様々な学びが得られます。
人を雇うとはどういうことか。
人に指示を出すとはどういうことか。
なぜ企業と組織は偉大なのか。

そこで試行錯誤をして、成功した人だけが副業で食っていけます。
殆どの人はできません。最終的に転職をして社員になります。

あなたが企業で働き続けても、その企業で中途採用される人はそういう経験を積んだ人が増えていくでしょう。世の中のフリーランサーは増え続けているからです。

つまり、あなたが黙って今の企業で働き続けても、ライバルにはそういう経験を積んだ人が増えていきます。あなたは「人を雇うとはどういうことか」に対してきちんと持論を持っている人と競争をして勝つ自信がありますか?

「でもウチの企業は体質的に中途なんて入れないし」
「競争とかしないよ。ウチの企業はニッチだし」
という方も多いかもしれません。

が、それも怪しいでしょう。
あなたがあと10年以上企業人として務めるつもりなら、
その前提は崩れる可能性はかなり高いです。
だって、10年前の世の中と今の世の中は全然違いますよね?

20年、30年ならなおさらです。今まで安泰だったからと言って、
これからも安泰なことになりません。

だからこそ、早めに苦労しておくことが価値になるのです。
幸いにして、今は副業解禁の流れがあり、企業に居ながらにして試行錯誤できます。
このチャンスをきちんと活かしましょう。

逆にここで苦労しないとどうなるか。
苦労しないと、将来的にやってくる競争に負けてしまいます。
20年後、30年後、家族や子供を抱えて居る時にクビになる。
そんな経験がやってくるかもしれません。

そうならないためには、今から苦労の経験を積んでおくしかないのです。

人脈が広がり、本業にもメリットがある

実は金にならなくても副業には様々なメリットがあります。

大きなメリットに、人脈が得られることがあります。
副業は基本的にあなたの興味関心のあるものを選べば、
人脈は勝手に広がっていきます。

そうすると、本業にも良いメリットがあります。
いざという時に役立つツテが増えるのです。
人間、つながりを持っておいて損することはありません。

逆に、人脈が広がらなさそうな副業はおすすめできません。
ポイントサイトなんかは典型ですね。副業に入らないと思った方がよいです。
当サイトで紹介するときもお小遣い稼ぎとしてやるか、
最初のきっかけづくりとしてやることをオススメしています。

あとは神経をすり減らす副業はやらないほうがいいです。
基本的に世の中には、あなたが神経をすり減らすことを、寝ても覚めても考えられる人がいます。
あなたが嫌なこと、やりたくないことであっても、それを24時間考えている人がいるのです。
そんな人に勝てる訳がないですよね。やれても長続きしません。

なので、副業には好きなことを選びましょう。
そうなると、最初はお金にならないことが殆どです。でも、それは後から考えましょう。
信頼さえ得てしまえば、あとはどうとでもなるのですから。
しかも好きなことなので永遠に続けられます。これが本当に重要なことです。
時間があれば、いくらでもお金を増やしていくことは可能ですから。

若いうちに始めると時間が手に入ります。
時間は後から取り戻せません。なので、副業でもなんでも早めにやっておいたほうが
よいのです。

まとめ:やらない理由がないのでやってみよう

若いうちの時間は本当に重要です。後から後悔するのでは遅いです。
年をとってからでは何もできませんからね。

迷われているのであれば、まずは副業をやってみることをおすすめします。