副業ってそもそも何?|知れば必ず見つかる副業

副業とは何か

ここでは厳密な定義を紹介しようとは考えておりません。

自分の生活をより良くするために、本業とは別で行う活動全般を指して副業として紹介します。

例えば、本業とは別で企業と契約して働く事は当然副業ですが、節約する方法、スキルアップのために行う活動なども自分の生活を豊かにするための活動と言えます。

副業をするのはハードルが高いことではない

上記のように考えると副業というのは、必ずしもハードルの高い活動ではないと思えると思います。

そもそも副業をする目的というのは大きく、お金を稼ぐ事やスキルアップのためという場合が多いと思うのですが、これらに結びつく活動自体は企業と契約をしなくても行う事が出来ます。

なので、まずはその中から自分にも出来ることから始め、どういう生活を自分は目指していくのか考えるという事が重要です。

何故、このような話をするのかと言うと、世の中には企業に勤めなくてはならないという思い込みが強く残っているからです。

そもそも何故社会人であるべきなのでしょうか?

この答えが、安定してお金を稼ぎたいと言うのであれば必ずしも企業に勤めている必要はありません。

多くの選択肢があるうちの、一つの選択肢が社会人として働くという事であり、他の選択肢を検討しないのは非常にもったえないことです。

具体的に副業って何があるの?

では、具体的に副業としてすべき活動にはどのようなものがあるのでしょうか?

国が副業の流れを支援するぐらい副業の重要性が認められている現在では、多くの副業を行う事ができるサービスが出てきています。

現在の代表的な副業

代表的なものは、クラウドソーシングと呼ばれるサービスで、クラウドソーシングを利用すると、自分の得意な分野の仕事で少し手伝いをするだけで、お金を稼ぐ事が出来てしまいます。

単に、クラウドソーシングといっても、現在はサービスが多様にあり、自分の得意な分野と、価値の提供の仕方によって様々な選択肢があります。

まだ、業務系でハードルが高いと感じている方もいらっしゃるかもしれません。

現在は、スキルシェアという言葉が広まっており、個人個人が持っているスキルをシェアするサービスも増えてきています。

これに該当するサービスはクラウドソーシングと比較すると、どちらかというと個人よりであり、ビジネス色が若干薄くなります。

例えば、イラスト作成や占い、相談にのるだけといったサービスまであります。

誰でもできる簡単副業

今後も仕事の個人外注はどんどん増えてくるので、こうした副業に参入する事ができる人の数というのは絶対的に増えていくと考えられるのですが、それでもまだ難しそうだと思う方もいらっしゃるかもしれません。

そうした場合には、全く人と関わることのない副業に力を入れてみるのも良いかもしれません。

簡単に思いつくものは、メルカリなどです。
自身が持っているものを写真を撮って販売し、送るだけでお金になります。

これ以外でも、セルフバックアフィリエイトを利用して、クレジットカードなどに登録するだけで、10万円程度のお金を稼ぐこともできますし、モニターを利用すれば普段利用しているサービスを半額などで受ける事も可能になります。

最近、流行っているキャッシュレス決済のサービスなどもうまく利用する事ができればかなりの節約になりますし、これを利用してお金を稼いでいる人もいます。

まずは、何があるのかを知ろう

このように副業と言っても企業に勤めて働く事だけが、お金になるのではありません。

現在は様々な方法でお金を稼いだり・節約したりする事ができます。

まずは、どのような方法が現在はあるのかを知り、自分でできることから実践してみることが大切です。

少しずつでも成功体験を収めることができれば、どんどん自信をもって他の事にも手を出すことができます。

自分の人生を大きく変える可能性を持つ副業を上手く活用して、より良い人生を目指しましょう。