簡単!これさえ決めればSEOを意識したブログが作れる

たまに、ブログですごく稼いでいる人をみかけるとブログを作りたい…という気持ちはでてきますが、実際にブログを作成するには、いくつかのハードルがあります。

・何のブログを作る?
・どのぐらいやったらお金になるんだろ…
・絶対続かないよな…
・キーワードとか良くわかんないし
・どうやって実際にお金に換えるんだろ…

これらのハードルを乗り越えるためには、いくつか知っておいた方が良いツールや心意気があります。

本記事では、筆者が実際に利用しているブログの作成方法を紹介します。

何のブログを作成するべきか

何のブログを作成するか決定するためには、まずは、自分が何のためにブログを始めようとしているのかを考えなくてはなりません。

もし、金銭的な報酬を目的としてブログを始めようと考えている場合には、最終的なマネタイズ部分まで含めて設計しておいたほうが良いでしょう。

といっても、ブログのマネタイズ方法は基本的には、アフィリエイト、Google Adsense、売却になると思います。

以下の中から、順々に見ていくと、
ブログのマネタイズ方法にアフィリエイトを検討している場合には、自分が商材として、扱うアフィリエイト商材の成果報酬額を事前に確認しておくことをお勧めします。

というのは、商材によっては、全くお金にならなそう…というものも中にはたくさんあるからです。

一回の取引で、例えば、500円の報酬だとすると、
月間のPV数、1万、
広告がクリックされる確率が、1%、
実際に成果に至る確率が、1%、
とすると、
月間の売り上げは、何と、1円です。

確実に、売り上げを予測することは困難ですが、上記のようにポテンシャルを概算することは可能なので、無駄に労力をかけてしまった後にまともな商材がない…という状況になることは避けましょう。

次に、GoogleAdsenseの場合ですが、こちらを利用するのは、基本的には上記のように明確に商材が決まっておらず、多様なユーザがwebサイトに訪れる場合に利用することがおすすめです。

なぜなら、GoogleAdsenseはユーザに合わせて、様々な広告を自動で表示してくれるからです。

つまり、自分で商材を選定する必要がないので、ユーザを自分のwebサイトに呼び込むことさえできればマネタイズすることができます。

しかし、その分、基本的には呼んでこれるユーザの数に月間の報酬が固定されるので、扱おうとしているテーマによって最大のポテンシャルが何となく見えてきます。

例えば、ゲームのブログを作るのか、揚げパンのブログを作るのかではあらかじめ、報酬の上限に明確に大きな差があることがわかります。

上記の例ではゲームをしているユーザの方が明らかに多いので、どんなに揚げパンが好きでも揚げパン好きを呼び込むだけでは月間の収益は大して伸びません。

以上のような理由から、GoogleAdsenseを利用する事を考えると、ある程度市場からのニーズがあるテーマを選定することが望ましいことがわかります。

アフィリエイトもそうじゃないかと思われるかもしれませんが、対したアフィリエイトの場合には、ユーザのセグメントを絞り込むことによって、かなりPV辺りの単価を高くすることができます。

最後に売却ですが、ある程度価値のあるブログを作成できれば、web上などから自分のブログを売却することができます。

しかし、もちろんこれは簡単なことではなく実際にお金になるまでは上記の3つの方法の中では一番難しいと思われます。

実際、どのような情報を整えればお金に変えることができるのかというのも、企業のニーズによってまちまちなので、これといった正解も存在しません。

しかし、一般的には、特定セグメントのユーザがたくさん会員登録しているサイトなどは大きな価値を持つ可能性が高いです。

というのは、メールアドレスなどを会員登録情報に含めていれば、特定セグメントに対して、いつでも情報を送ることのできるチャネルが構築されているからです。

どのぐらいの期間で実際にお金が入るようになるのか

実際、アフィリエイトでお金が入り始めるのはどのぐらいたった後なのでしょうか。

基本的に、PVがしっかり伸びるのは、3ヶ月〜6ヶ月ぐらいと言われているので、実際にまともにお金が入るのもそのぐらいを見ておくと良いでしょう。

とはいえ、3ヶ月〜6ヶ月ぐらいで、生活できるぐらいいけるという話ではありません。

一般的には、初めての売り上げが上がり出すのがこのぐらいだということです。

そこからは、ブログのアフィリエイトへの導線の設計や、流入数増加の仕掛けやキーワードの競合の強さなどによって大きく異なってきます。

このようなことに当りをつけるためには、まずは、自分のテーマと同様のブログがどの程度成功していそうなのか調査してみるのが良いです。

調査には、similar webというツールや、自分で収益などを公開していないか調べてみるということが中心になるかと思います。

公開されている場合には、基本的にはそこに記載されている情報を信用するしかないのですが、大体ざっくり規模感をつかむことができるかと思います。

Similarwebはざっくりですが、特定サイトの流入や、流入経路を調査することができるツールです。
このツールを利用することで、どのぐらいの特定サイトがどのぐらいの流入数を獲得することができるのかを知ることができます。

どうしたらブログを書き続けることができるか

ブログを作るのは、決まったし、マネタイズ方法も何となく決めた、という段階になってもやはりブログを書き続けられるかどうかというのは、悩ましい問題なのではないかと思います。

ブログを書き続けるのは容易なことではないので、これに対する対策はいくつか考えておくのが良いでしょう。

まず、そもそもブログが続かない要因は何があるでしょうか?
大きな要因は以下の二つになるのではないかと思います。
・お金になる気が全くしない
・書き続ける時間を確保できない

お金になる気が全くしない

こちらの対策について考えられるのは、あらかじめ自分の中の目標をなるべく厳しめにに持っておくことです。

お金になるイメージが全くつかないのは、自分の中にあるイメージと実際のギャップが主な原因になります。

ブログで流入が来るまで、お金になるまでには相当数の時間がかかるものなので、自分の目標が曖昧で、緩い目標を持っていると、現実の成果の追いつかなさにやる気が一気に削がれてしまいます。

ここで、必要なのは、いつぐらいに何記事書いてどのぐらいの流入を集めている人がいるので、この人と同じぐらいのスピード感を目指そう。

だから、まずは、30記事を2ヶ月で書くぞ!
そのあとは、少し流入きて、残り3ヶ月では、1000PVを目指し、
1000PV行ったあとは、Google Adsenseを入れて、1円収益を生み出し、
残り3ヶ月で、これを1000円に伸ばす。

など、少しずつの達成可能な目標をたくさん持つことがおすすめです。

また、一人が難しいようであれば、二人で行うなどの工夫を行ってみるのが良いでしょう。

書き続ける時間を確保できない

こちらも上記と同様になるのですが、いずれの場合には、とにかく自分に達成可能な細切れの目標を用意しておくと良いでしょう。

時間を確保できない要因は多数あると思いますが、本当に時間を確保することができないのか、少し検討してみると良いと思います。

実は、ブログというのは電車の中でも書くことができますし、少しの隙間時間があれば書くことができます。

例えば、時間があるときに数日分書いてしまうということや、電車にいる時間などを利用して、ブログを書いてしまうような対策があります。

時間がない間だけ外注するということも可能ですし、意外と考えてみるとたくさんの解決策が見つかります。

タイトルを決めるキーワードの決定方法

よく言われるキーワードはどうして決める必要があるのでしょうか?

実は、キーワードは、Googleの上位表示のアルゴリズムに大きく影響する要素であるからです。

例えば、「英語 勉強方法」で上位表示させたいと考える場合には、これらの単語を含めたタイトルにすることが望ましいです。

英語の勉強方法を徹底解説|TOIECで900点以上取る方法

のようなもので、内容の被りをなくしたり、競合の強さなどを知るために、キーワードを選んで実行していくことが有効です。

具体的には、GoogleのAdsについているキーワードアドバイスツールを利用することも良いのですが、UberSuggestというツールを利用しても良いです。

UberSuggestを利用した場合には、英語の勉強方法と検索すれば、それに関連する用語のSEOの難易度や、キーワードの検索ボリュームを知ることができるので、利用することをおすすめします。

これを利用すると何が便利なのかというと、キーワードの検索ボリュームを把握することができれば、まず、どのキーワードで上位表示させることができればどの程度の流入が見込めるのかを知ることができます。

自分の流入計画により明確な計画性を持たせることが可能になるということで、例えば、1万PVを目標にしているのに、キーワードのボリュームが200〜300しかないところばかりを狙っていては、いくら記事を書いても目標を達成することは困難です。

一方で、キーワードのボリュームが多いところは、競合が強いため上位表示させることが困難です。

しかし、最初の間はキーワードボリュームが少ないSEOの上位表示難易度があまり高くない部分を狙って記事を書くことをお勧めします。

これは、実際にある程度の難易度のあるキーワードに対して上位表示をさせることは最初の段階ではとても困難であるからです。

これもSEOの基本の戦略になるのですが、まずは、自分が狙いたいキーワードのスモールキーワードに当たる部分を狙っていくのが正しい戦略です。

「英語 勉強方法」であれば、
「英語 勉強方法 おすすめ」
「英語 勉強方法 電車」

などです。

ただ、ある程度の時間や、記事数が必要になる場合が多いので、特定キーワードだけを永遠と狙い続けるというよりは、いくつかの候補キーワードのスモールキーワードを狙っていき、伸びそうな部分を集中してさらに取りに行くのが良い戦略です。