Youtuberで副業ってどうなの?稼げる?現状から戦略までご紹介

最近は話題のYoutuber。動画を楽しく投稿しながら稼げたら楽しいなぁ、などと考えてしまいますよね。現に実際にYouTuberたちはとても楽しそうに毎日を過ごしていますからね。
でも実際にはどうなのでしょうか? 副業としてのYouTuberの実際をご紹介します。

Youtuberの現状って?

YouTuberとは名前の通りYouTubeで動画を投稿し、その動画に広告をつけることによってそれで生計を立てるものです。あなたがテレビ局となってCMをつけるようなものですね。あなたはコンテンツ制作者として広告を見てくれるだけの人を集めた対価を得ることができます。

つまり人が見てくれれば見てくれるほどお金になる仕組みです。具体的には再生回数がそのままお金の額に直結します。またあなたの作ったチャンネルに対するファンの数は登録者数と呼ばれる指標になって現れます。あなたの投稿するコンテンツに対して、定期的に見る登録行為をしてくれた人の数を登録者数と言うのです。

YouTuberとして生計を立てるためには、あなたの投稿したコンテンツが「どれだけ再生されるのか」と、「登録者数」が大きな指標になってきます。

登録者10万人で半人前、20万人で一人立ち

この登録者が、あなたのチャンネルを定期的にチェックしてくれる存在になります。そのため登録者数を増やすのはとても重要なことなのです。

ではどのくらいの数の登録者数が必要なのでしょうか?どのくらいの数の登録者数がいれば一人前と呼べるのでしょうか?

1つの目安として100,000人と言う指標があります。中規模な市の人口くらいの人があなたのチャンネルを定期的に巡回してくれる存在になる。そうなればまずは半人前のYouTuberです。

登録者数200,000人を超えると、YouTubeからもプロのYouTuberとして認識されます。これはYouTubeから特製の金属製の再生ボタンが記念に送られるためです。YouTubeから自らの動画サービスの再生回数を増やしてくれる存在として感謝される存在になるわけですね。

収入は再生回数と単価によって変動する。登録者数10万人で15万円くらいが目安

しかし登録者数がいくら多くても再生されなければ意味がありません。YouTubeもチャンネルに広告を貼るには過去12ヶ月に4000時間以上の再生時間が必要だと定めています。さらにチャンネル登録者数は1000人が必要です。これは収益化するために最低限必要なハードルであり、この基準をクリアするだけで誰でもが歩が歩稼げると言うわけではないことに注意です。

動画の更新頻度や登録者数から何人くらいが見てくれるのかにもよりますが、基本的には収益は再生回数から計算されます。広告の表示回数で計算されるため、これは当たり前ですね。登録者数100,000人程度ではおよそ月150,000円程度の収益になると言われています。月150,000円の収益があったとしても、実際には撮影機材の手間や編集にかかる経費等が存在しているため、月150,000円ではとても足りません。

やはり登録者数は20万人、収益も月30万から40万円程度がなければYouTuberとして1人で食べていくことは辛いと言えるでしょう。

Youtuberに求められているのは専門性×面白さ!

さてこれからYouTuberを始めようとした時に、どんなテーマで攻めるべきでしょうか?YouTuberはもう既にある程度世の中で話題になってしまっているので、普通に投稿するだけでは再生回数は稼げなくなってきています。ではどのように戦略を考えるべきでしょうか?

一辺倒な「面白さ」はやり尽くされてきている

現状からお話ししましょう。「普通に喋って面白い」という芸人的なスキルはやり尽くされてきています。何の変哲もない話題でちょっと面白おかしくしゃべって再生回数が増やせる時代はもう終わったのです。すでに吉本の芸人を始めとしたプロもYouTuberとして活躍を始めています。一般人が普通の話題で戦って勝てると思わない方が良いでしょう。

さらに単なる属性の面白さでも様々な分野で開拓されつつあります。例えば最近流行なのは高齢者系YouTuber。70歳や80歳を超えるおじいちゃんおばあちゃんたちがYouTuberとして活躍しつつあるのです。すでに登録者数が1万人を超えたチャンネルもあり、話題を集めつつあります。社会人て言うYouTuberも多く活躍しています。ベンチャー企業の役員を昼間は勤めながら、夜にYouTuberとして活躍している人もいます。

もはや単に属性として面白いだけでは勝負ができなくなってきているのです。

最初は動画を出しまくるしかない

しかも現場のYouTubeのアルゴリズムでは、最初は動画を出しまくるしかありません。動画はある程度出して反応を見ながら少しずつ改善していくのはYouTuberとしてのやり方の定石です。最低限100動画は投稿した方がよいでしょう。

既に少しだけ動画を作ってボロ儲け、そんな甘いことが許される世界では無いのです。100動画を作れる自信がある分野でやることをお勧めします。

「専門性」×話題のもの、で稼げ!

単純に喋りの面白さではもはや勝負できず、既存のYouTubeバーのイメージを破るような属性の面白さでも勝負できないとなれば、どのような戦略を立てるべきでしょうか?それはその人にしかできないような専門性を活かした動画作りをすることです。

例えばあなたが心理学者で、人の心理の動きに詳しいとしましょう。心理学者がただ難しい心理学の話をしたところであまり再生数は稼げないでしょう。

では、心理学者がトランプ大統領の心理状況を解説する動画はどうでしょうか?トランプ大統領はみんなが知っているので、心理学者が彼を解説してくれるのであればみんな見てくれるかもしれません。あまりにも専門的すぎる動画ではなく、普通の話題をちょっと専門的な人が解説してくれるのが面白いのです。いわばタモリ倶楽部的な面白さです。

あなたが何かしらの専門性を持っているのであれば、独創的な切り口で世の中の話題を語ってみるのはいかがでしょうか。

トレンドを使いこなす

実はブログでもそうなのですが、再生数や閲覧数を伸ばすコツとしてストック型とフロー型と言う考え方の違いがあります。動画投稿にはストック型の話題とフロー型の話題があるのです。

まずストック型とは、いつでも再生されるがボリュームそのものは少ないもの。例えばあなたが心理学系の動画をたくさんあげているのだとしたら、フロイトの夢判断の話題は需要があるでしょう。ただし常に大人気コンテンツと言うわけではなく、フロイトの夢判断を知りたい人が時々検索をする程度です。それでも確実にあなたの再生回数を増やしてくれます。季節にも流行にも左右されません。

そしてフロー型とは一過性のものです。例えばトランプ大統領の心理状態を開設する動画はフロー型になります。何故かと言うとトランプ大統領が辞任した後は誰も検索をしないからです。しかしトランプ大統領が在任中は誰しもが気になるので、人気コンテンツとして検索されるでしょう。芸能人が不倫をしたり、政治家のスキャンダルといった、誰もがある程度関心を持っているような話題に絡めると、人気コンテンツになりやすいです。ただこのような話題ばかりピックアップしていると下世話なチャンネルになってしまうので、ストック型の話題もきちんと出していくことが重要です。

副業としてのYoutuberのまとめ

いかがだったでしょうか。副業としてYoutuberを考える場合に必要なことをいくつかご紹介してきました。

すでにある程度知られてきた稼ぎ方とは言え、まだまだ開拓できる余地はたくさんあると言えるでしょう。忍耐力はある程度必要になりますが、専門性があるのであればまだまだ勝負できる余地はあります。
ぜひとも気になる方はトライしてみてはいかがでしょうか。