副業に便利なスマートウォッチ|使える機能と機種を紹介

スマートウォッチというと、AppleWatchのようび高額で多機能、でもスマホと違いがよくわからないと思っている方も多いのではないかと思います。
しかし、Amazonなどを見ると分かりますが、実際にはスマートウォッチはかなり多種多様です。
あまりにも多くのスマートウォッチが市場に出ているので、自分に必要な最低限の機能を備えたスマートウォッチを探す事は容易ではありません。

本記事では、副業を行う際に便利なスマートウォッチにはどのようなものがあるのかという視点で、スマートウォッチの紹介を行います。

スマートウォッチの主要機能

スマートウォッチの基本機能は主に3つに分解できます。
一つは、そのまんま時計の機能、二つ目は、スマホアプリなどの通知機能、三つ目は健康管理です。
実際、副業をしている身からしてみると、二つ目の通知機能がとても便利だと感じます。
具体的に通知機能がどのようなものかというと、スマートホンに来た通知をそのまま時計の画面に表示してくれるというものです。
ん? それはスマートホンと何が違うんだと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、自分には関係ない通知を多く得ており、通知なる度にスマートホンを毎度確認するのが面倒と感じている方には、スマートウォッチがおすすめ出来ます。
なぜかと言うとスマートウォッチをしていると、重要な通知にすぐに気づけるだけでなく、自分にとって重要でない通知を簡単にスルー出来るようになるからです。

副業などをしていると色んなところからメールやSNSからの通知が来る機会が増えます。
すると、毎度通知が来る度にわざわざスマホを出して確認するのが非常に面倒になります。
そんな場合に役に立つのがスマートウォッチなのです。

ちなみに、3つめの健康管理の機能に期待している場合には、どの程度かにもよりますが、高額のスマートウォッチ(できれば、apple watchぐらいが安心)を検討する事をおすすめします。

安いスマートウォッチの健康管理機能は本当におまけ程度についているもので、実践で役に立つかといわれるとかなり怪しいところです。

スマートウォッチの種類

スマートウォッチには具体的にどのような種類があるのでしょうか。
実際、機能などには大差のないものが多くある程度ざっくりした分け方が可能です。
一つは高性能高単価のAppleWatchのようなもので、これはスマートホンのようにアプリをダウンロードする事もできれば、suicaの代わりになったり、電話をしたりすることができます。一言で言うならば小さいスマホという感じです。
一つランクが下がると、健康管理機能、通知機能、時計機能という3種類が揃うスマートウォッチが一般的になります。
ここは、デザイン・ブランドをメインに押し出しているものは、数万円いきますが、そういったものにこだわらないのであれば数千円で済みます。
ちなみに、私のスマートウォッチは4000円なのですが、使用するのに十分な機能を満たしています。

購入の際に考慮すべき点

スマートウォッチを購入する際に注意しなくてはならない事は何でしょうか?
スマートウォッチは安くなれば安くなるほど、よく分からない会社が作っているスマートウォッチが多くなるので注意が必要です。
私が初期に購入したスマートウォッチは、2000円だったのですが、最低限の3つの機能は満たしていましたが、日本語の変換がうまくいかない時がありました。
実質読み取るのにはそれほど苦労はしなかったのですが、気になる方は気になるかと思います。
なので最低限の3機能を抑えつつ、値段をなるべく安くと考えている場合、
2000円: 機能や電池の持ち的には問題がないが、接続の安定性や、日本語の表示能力に多少問題があります。
4000円:機能や電池の問題もなく、接続も安定し、日本語もしっかり表示されます。
というのが私の印象です。

結論は、最低限の機能を備えており、かつ使用上あまり問題がないスマートウォッチ欲しいなら4000円レベルのものを購入するべきです。

また、実際の購入を考える際には、自分が持っているスマホが対応しているかどうかと言う点も確認しておく必要があります。

購入方法

スマートウォッチを購入するならAmazonなどのネットショップを利用するべきです。
まず、リアル店舗でスマートウォッチなどの品揃えがしっかりしているところは私は見たことがありません。
大抵の場合、AppleWatchなどの高性能高単価の時計しか置いていないです。

また、値段もネットショップで購入した方が安くなるケースが多い印象です。
特に家電系などに関しては大体実店舗よりもネットショップの方が安いと言う印象があります。