学生で副業は意外と皆やっている。迷うならやるべし【体験談あり】

学生のみなさん、副業にはどんなイメージがありますか?学生の本業ってそもそも何なんでしょう?

もちろん学生の本業は勉強、と言うちょっと古臭い考え方もありますが、ここでは副業は主に毎月絶対に必要なお金を稼ぐためのアルバイト以上の何か、と言うイメージでお話をしましょう。

そうなったときに、どのような選択肢があるのでしょうか?

筆者の学生時代の友達から、経験者のお話を聞いてきたので、皆さんにご紹介します!
副業に興味があるのならぜひとも読んでみてください。

学生で副業の体験談

まずここで言う副業とは、出勤の必要がなく、家で稼げてしまう成果報酬型のものです。そのため実は様々な副業があり、株なども含まれていますが、実際の経験者の話であるため皆さんにご紹介します。

大事なのはこれを読んで怪しいと思うかどうか、自分でもできるかどうか、という点です。これを読んでみても怪しいと思うのであればやらない方が良いでしょう。もし自分でもできそうだと思うのであればやってみるのも1つの手だと言えるでしょう。

個人的な経験側としては、百聞は一見にしかず。気になる範囲内でやってみることをお勧めしますが、まずは体験談を読んでみましょう!

クラウドワークス・ランサーズ

これをやっていたのは、つい先日知り合った大学三年生です。彼女はクラウドワークスにライターとして登録し、とあるウェブメディアの文章を執筆していました。完全に成果報酬型であり、記事1本あたり数百円と言う報酬が設定され、記事を書いていくのが仕事でした。彼女曰く「記事に書く内容についてはマニュアルが既に存在しているため、ある程度慣れれば簡単に書けるようになる」とのこと。現に彼女は暇な時間を生かして月20本以上の記事を投稿し、報酬を得ているそうです。

どのくらい稼げるのかと言うと、毎月変動するものの50,000円から80,000円位の間に収まるとか。ただしそれも空き時間を使って書いているので、バイトで同じ額を稼ぐほど大変ではない、とのこと。大学の授業中に作業していることもあるそうです。

やりがいとしては、記事の管理などにGoogleスプレッドシートなどを用いていることが多いため、ITスキルが就活に向けて身に付く点があるそうです。また自分が書いた記事がウェブに残ると言うのも嬉しいことなんだとか。文章をきちんと書くスキルも上がったそうです。

難しい点としては、継続的にお金をそれなりの額を稼ごうとすると自分で案件に積極的に申し込み営業する必要があるため、相当面倒臭い事だそうです。おいしい案件には時に100人以上の応募が集まることもあり、100分の1の競争になることもあるからです。そのような場合は必死に自分がその案件にどれだけ精通していて他のライターとは違うのかをアピールする必要があります。プロのライターもいる中で圧倒的な実績がない限りそこで競り勝つのは難しいそうです。

すきま時間にちょっとしたお金を稼ぎながら、文章力をあげたり、ITスキルを伸ばすことをやってみたい大学生にはお勧めです。ただ自分で手を動かす必要があるため、継続的にやっていく覚悟がない大学生にはあまりオススメできません。

せどり

せどりは安くものを買ってきて高く売ることで利益を儲けるものです。基本的にはフリーマーケットなどで安く売られている商品を買い、高くメルカリなどのサービスで売ることになります。

筆者が新卒で入社した会社の同期が、大学生時代にメルカリで月150,000円ほどの利益を上げていた経験者でした。その彼曰く、重要なのはやはりどれだけ目立つかと言うことと、信頼だそうです。彼のアカウント名はなるべく覚えやすく、簡単に検索できるような短い単語(例:○○屋オレンジ、といったイメージ)。さらに最も気を使うのがアカウントの評価を下げないと言うことです。なるべく早めに返信をし、在庫が売れたらすぐに発送する。交渉する際は基本的には応じるが、交渉の引き際は見極めておく、などのビジネスの基本が徹底されていました。

彼は自分の好きな物を売ってそれだけの利益を上げていました。趣味としてある程度名前が知られているものを選ぶと取引がされやすいそうです。マニアックな本や靴、古着等が該当します。自分が良いものを選びつつ、気に入ったものは自分で使うようにし、自分で使わないものはフリーマーケットに出す。このような形で月150,000円ほどの利益を出していたそうです。

良い点は自分が好きなものが売れるので楽しいと言う事だそうです。またビジネスの基本を体現したやり方であるため、就活受けも良かったそうです。

ただし難しい点が1つだけあり、それは月10万円から15万円程度が利益の限界になってきてしまうこと。そもそもそれを売れるだけの在庫を抱え込む必要性や、案件がいくつも同時進行になるためそれを管理する能力などが求められます。1人の脳では限界があるため、いくら売れても月150,000円を超えるのは難しかったとか。せどりで生活していくのはやはり難しい、というのが彼の結論でした。

自分の好きなことがあり、ある程度の在庫を家に抱え込んでも良い、と言う形はトライしてみても良いでしょう。そのかわり家に趣味のものが溢れかえっても自己責任です。

仮想通貨・株

なんだか怪しい印象がある仮想通貨や株ですが、これも私の周囲には経験者がいました。

彼がそもそも仮想通貨を始めたのは、彼の友達で仮想通貨への投資で成功した人がいたからだそうです。ちょうど仮想通貨が伸びている時期でもあり、少しバイトで貯金した数十万円を投資した結果、なんとその年の学費は全て払える位の額になって帰ってきたそうです。それに触発されて仮想通貨を自分も始めて見る気になったとか。

その後は仮想通貨の伸びに伴って自分も投資を開始。
バブルに乗っかってみるみる膨れ上がり、最後は最初に投資したお金の1.5倍ほどになったそうです。そこで彼は投資したお金を引き上げ、利益を確定。少ない額ですが飛行機を使った国内旅行に行ける程度のお金を稼いだそうです。ただしその後市場が暴落し、彼はうまく売り抜けたからよかったものの、しばらく投資を見合わせたといいます。

その間に彼は株の勉強を始め、今は仮想通貨で儲かったお金を株式投資につぎ込んでいるそうです。株は仮想通貨ほどの値上がりはしませんが、それでも着々と稼いでくれているそう。しかも彼が始めたのは、AIが自動で投資をしてくれる信託のようなもの。利益こそ少ないですが、リスクはかなり少なく、より確実に稼いでくれる方法であるといえます。

結果として彼の場合は仮想通貨への投資が株式投資への入り口になったそうです。株の勉強をすることで社会の仕組みやニュースが一気に面白くなったとのこと。自分のお金が絡んでいるので必死に見るのは当たり前ですよね。結果として彼は多くの企業の内定を勝ち取っているので、有利に就活に働いたのは間違いないと言えるでしょう。

自分で勉強しながら経済のことを知りたい方にはオススメができます。その一方でどうしてもリスクを取りたくない方や、最初はほんの小額しか儲からないことに耐えられない人はあまりオススメできないのが投資です。

プログラミング開発

プログラミング開発を副業として行っていたのは、筆者が通っていたゼミの友達です。

彼は最初にプログラミングがかっこいいと言う理由でエンジニアを目指すことになります。IT系企業にインターンをするため、片っ端から応募したところ、やはり未経験者はなかなか厳しいことに気づきます。そのためまずは自分で勉強することにし、progateやドットインストールなどを参考にしながら勉強を進めました。この間およそ3ヶ月ことです。

その後、とあるIT系企業にインターンとして働き出しました。ですが初心者レベルのプログラマーが企業でエンジニアとしてインターンをするのは難しく、初日に散々上司から怒られたそうです。そこで一念発起し、必死で勉強してわずか半年ほどでエンジニアとして腕を上げることになります。

その後は様々なプログラミングを用いたコンテストなどに出場しながら技術を磨き、プログラミングを始めてからわずか2年ほどで友達からの紹介で受託開発ができるほどになります。時給は3000円に達するものもあり、かなりお得に働けるそうです。

やはりプログラマーとして成功するにはそれなりの時間の投資が必要になります。明日から今すぐ時給3000円で稼げると言うことにはなりません。ただしここで身に付けたプログラミングのスキルは、これから10年20年にわたって使えるものになるのも事実です。

プログラミングの勉強を進める1番の秘訣は環境を整えることだそうです。そのような友人を増やすなり、インターンに通って自分を追い込む、といった行動が必要とのこと。
これからも10年20年役に立つスキルを身に付けたいのであれば、時間のある大学生のうちに動いてみるのも良いでしょう。社会人は思ったよりも時間がありません。

Airbnb

これは前述のプログラミングの彼がやっていたことです。

プログラミングの初心者のうちはお金にならなかったため(はじめてのインターン先で技術力がないのを上司から怒られてクビになりそうになったところを「タダでもいいから働かせてください」と粘ったため無給で働いていた)、自分の部屋を貸し出していたそうです。

これは昼間に自分が部屋にいない時間を外国人に使ってもらうというもの。あまりにもお金がなかった時期は、見ず知らずの外国人と一緒に同じ部屋で寝泊まりしたこともあったそうです。また鍵を外国人に預ける件でトラブルになり、外国人と同伴で入らなければならなくなったため、なかなか苦労はしたものの、それでしかお金が稼ぐ方法がなかったためだましだましやっていたとのこと。

正直エアビーアンドビーは大学生が取り組もうとするとこのような形にならざるを得ないかもしれません。鍵を外国人に貸し出す必要がありますし、そもそもその借りているアパートは民泊オーケーなのかきちんと許可を取らなければなりません。役所への届け出も必要になりました(当時は法改正の前で、届け出が必要のない時期でした)。

そのためご紹介をしたものの、筆者は個人的にあまりお勧めはできません。どうしてもお金が必要で、許可を取ってでもやりたい事情がある方のみ、検討してみてはいかがでしょうか。

大学生の副業体験談まとめ

いかがだったでしょうか。大学生の副業には向いているものも、あまり向いていないものもありましたね。これは私が聞いた中でのあくまで経験談になりますので、正しいかどうかはやってみて個人的に検証されることをお勧めします。これこそまさに百聞に如かず。

もし違った経験があるのであればぜひ管理人に教えてください!