これからの時代副業は必須?金融庁が老後資金2000万円以上必要と試算

発表の概要

金融庁の金融審議会は、6月3日金融審議会 市場ワーキング・グループ報告書を発表しました。

この報告書の内容の一部が世間では大きく話題になっています。
特に、問題になっているのは、以下の部分です。

夫 65 歳以上、妻 60 歳以上の夫婦のみの無職の世帯では
毎月の不足額の平均は約5万円であり、まだ 20~30 年の人生があるとすれ
ば、不足額の総額は単純計算で 1,300 万円~2,000 万円になる。

Twitterなどでは、2,000万円という言葉のみが出回りすぎているように見えますが、年金が老後のために存在している制度である事からすれば、年金制度そのものの意義について疑問が発されてもおかしなことではありません。

本件から伺えるのは、以下のようなことだと思います。

  • 国は将来的に、国民全員の老後を保証できるほどの力を持っていない
  • 老後不足するであろう金銭は自分で賄うしかない

今後は、より一層自分の金銭の管理を将来まで見据えて行う必要が出てくる時代になってきます。
金銭の管理をより徹底してくことは勿論なのですが、それに加え自分がより余裕を持った生活を行うには、より多くの収入を確保することが必要です。

一方で、国は、国民が自主的に資金の形成を行なっていけるように多くの規制の変更を行なってきました。
こうした変更の情報は自分の将来的な資産に関わることなので、非常に重要です。

この記事では今後の資産の形成についてどのような対応策が考えられるのか紹介します。

何故これからの時代副業が必要なの?

上記で記載した通り今後は、個人の稼ぐ力が、自身の老後に与える影響が大きくなっていきます。
では、副業ができると良いこととは一体何なのでしょうか?

副業のメリット

  • 収入源が増える
  • スキルが上がる

副業をすることによって上げられる大きなメリットは以上の二つになると思います。
どちらのメリットに関してもリスクを軽減するという意味では今後大きな意味を持ってきます。

収入源が増える

収入源が増えるという事は、単純に考え片方の収入源がダメになったとしても自分の収入がなくならないという事です。
現代は、増やそうと思えば簡単にいくつも収入源を増やすことが可能です。

・正社員を辞めると収入が全くなくなってしまう人。
・正社員を辞めても他からの収入がある人。

どちらが、安心かと言えば当然後者です。

では、具合的に自分の収入源を増やすには何をすればいいのでしょうか?
あまり副業のイメージがついていない方は以下を参照ください。

勿論人によって得意不得意があるので、一概には言えないのですが、特にサラリーマンにおすすめの副業は、「クラウドソーシング」です。

クラウドソーシングは、業務の委託側と請負側のマッチングサービスで、情報の登録さえ済めば、簡単に仕事を始める事ができます。
また、サラリーマンであれば、会社で身につけたスキルをそのまま活かせる可能性が高いので、どのような業務があるのか覗いてみることをおすすめします。

スキルが上がる

二つ目の副業のメリットのスキルが上がるについてなのですが、こちらもリスクを軽減するという意味ではとても大きな意味をもちます。

会社の業務は日々それほど大きく変わらず、一般的にサラリーマンなサラリーマンに望まれているのは新しいスキルの習得ではなく、現在の業務を確実にこなせる安定性です。

これが、専門的な業務であり、需要がなくならないようなものであれば良いのですが、もし需要のない業務の専門性が高まってもその会社にいられなくなってしまったら何の意味もありません。

何が言いたいのかというと、複数のスキルを持っていれば片方のスキルの需要が将来的になくなっても収入を稼ぐための力を持っていられるということです。

リスクの分散が大切

一つの会社に頼ること、一つのスキルに頼ること、国や会社が一生の面倒を見てくれるという安心感のない現代では、これらは徐々にリスクの高い選択になっていきます。

基本的には資産の運用と同じ考え方であり、株をしようと思ったら好きな会社一社にかけるのはリスクが高いです。
一般的な資産の運用方法は、日本株と米国株をまずは半分半分で購入し、日本株の中でも分散していくというのが基本になります。
これは、予測が難しい株式の世界では、一つの銘柄に投資する事はリスクが大きいからです。

これは自身の身の振り方にも同様の考え方が適用できます。
まずは、一社に依存するのではなく、自分の興味がある副業を始めてみましょう。
特に企業の中で毎日同じ仕事しかしていないという方は注意が必要になります。

副業って何から始めれば良いの?

しかし、副業といっても一体何から始めるのが良いのでしょうか?
流石にバイトなどを併用するのは大変という方でも現代では、ネット上だけでもかなり多くの選択肢があるので安心です。

あまり副業のイメージがつかないという方は以下を参照してください。