公務員でも副業で儲けたい|必要な手続きと始め方を紹介

2019年6月3日

昨今、一般企業の副業解禁は、順調に進んで来ているのですが、一方で公務員の副業は基本的には解禁していきたいスタイルではありますが、国民のお金を使って仕事をしている関係や、特に情報漏洩に注意が必要とされる職業であるために、現状でもそれらのハードルを乗り越えて、一般企業のように気軽に副業を解禁するようにはなっていません。

本記事では、公務員による副業が具体的にどのような法律に基づいて、禁止されているのかと、公務員でも出来る副業にはどのようなものがあるのかについて紹介していきます。

公務員は副業出来るの?

公務員の副業についての記載は、国家公務員法地方公務員法によって定められています。詳細な情報を知りたい方はこちらを参照してください。

国家公務員法第103条:私企業からの隔離

第103条には、職員が営利企業の職を兼ねて仕事をすることや、自らが営利企業を運営する事が禁止されていると記載されています。
ただ、例外も存在し、人事院規則の定めに沿って所轄庁の長の申し出によって人事院の承認を得た場合には副業を行う事が認められています。

国家公務員法第103条:他の事業又は事務の関与制限

第104条には、職員が営利企業以外の団体に所属していたとしても報酬を得て、業務を行うことには、内閣総理大臣と所轄庁の長の許可が必要になる事が記載されています。

地方公務員法第38条:営利企業への従事等の制限

第38条では任命権者の許可を受けなければ営利企業もしくは自らが営利企業を運営することが禁止されています

いずれにせよ、公務員が現段階では報酬をもらって他の企業に勤めつつ公務員として本業を行うという副業を行うことに関しては、よほど特別な事情がない限り認められる事が難しいようになっています。

公務員ができる副業とは

公務員は一般的な企業で勤務するような、法律的に副業を行うことは、難しいのですが、本業に影響がでない範囲でお金を稼ぐ(副業)事は可能です。

株式投資

株式投資は、公務員でも安心してはじめられる副業の一つです。
投資と聞くと、一見ギャンブルのような危ないものという認識がある方もいると思うのですが、正しい知識を持って運用すればリスクを調整する事が出来るので、それほど危険なものではありません。

株式投資を始めようとすると、まずは取引を行う証券口座の開設が必要になります。
実際に、投資を始めようと思ってから、始めるまでの期間までにそこそこの時間がかかるのでまずは勉強しつつ株式口座の開設を進めていくことがお勧めです。

また、NISAなどの制度を利用することによって本来であれば投資で収入を得た収益の20%が税金としてとられるのですが、これがある一定額まで非課税で自分の収入とすることができます。

株式投資では、NISAお得な制度を使いこなせば、コツコツ自分の資金を増やしていく事ができます。

家業の手伝い

公務員であっても実家の家業(農業、酪農)の手伝いを業務に支障が出ない範囲で行うことは可能です。

ネットオークション

ネットオークションは、実際に体験したことがある方もたくさんいらっしゃると思うのですが、基本的には自分が所有している物品をネット上で販売し、金銭を受け取る事が出来る仕組みです。

もちろん、自分の所有している物品を販売するという選択肢もありますが、販売店毎の差分を利用してお金を稼ぐせどりという方法もあります。
せどりとは、古本屋などで、一般の相場より安い商品を、購入してweb上で一般的な価格で販売し、その差分を収益として稼ぐ方法のことを指します。

このような副業を行う際には、20万円を超えると確定申告を行う必要が出てくるので、基本的には、他言しないことや、税金に影響が出ない範囲に抑えてやる事に注意しましょう。

アフィリエイト

こちらもネットオークション同様、収益が20万円を超えると確定申告をする必要があるので、この範囲内での活動にとどめましょう。

アフィリエイトは、自分が運用しているブログに企業などの広告を載せることによって、広告がクリック・商品が購入された場合に、お礼として一定金額を得ることができる仕組みのことです。

自分でブログを運用する必要があるので、そこそこの手間がかかるのですが、文章を書くことが好きな方や、自分だけの専門性を持っている方は、ブログで発信して収益を上げる事が出来るようになります。

ただ、実際に収益が上がるまでに最低でも3ヶ月以上かかるのでかなり根気強く文章を書き続けなくてはならないです。

一方で、広告を貼らずに文章を書いているだけであれば副業ではなく、趣味にになので、とりあえず、ブログを書くという事が出来るのが、ブログの強みです。
ブログを作り、一定の流入が入る状態にしておけば、Google Adsenseなどを利用する事によって、いつでも収益が上がるような状態を作る事が可能です。

クラウドソーシング

クラウドソーシングは、ネット上で仕事を依頼する人と、仕事を請け負う人がマッチングできるサービスです。
依頼が出されている業務は、データの入力からウェブの制作や、デザインの制作、あるいは翻訳業まで、世の中で仕事になっている事であれば大体の仕事がここで見つかります。

もちろんこちらも、20万円を超えると、確定申告の必要がありますし、こちらはブログと違って明らかに副業であるので、自分のリスク許容度に合わせて慎重にやるかやらないかの判断をしましょう。