予算30万円でデイトレを始めてみた結果

デイトレとは?

デイトレは、デイトレードの略であり、株式の取引をその日のうちに完結する方法の事です。
つまり、その日のうちに上がりそうな株を買い、上がったところで売る、あるいは、下がりそうな株を空売りし、さがったところで買い戻すものです。

文字で書くのは非常に簡単なのですが、実際デイトレしてみるとどうなのか体験してみました。

予算30万円でデイトレを始めてみた結果

ムズい!

まず、収支の結果についてなのですが、数万円は飛んでしまいました。
やはり、思っていたように簡単にはいかず、現状は様々な手法を試してみたり、買いタイミングや損切りタイミングなどを調整している段階です。

しかし、思うのは30万円というのは予算少なすぎるなという事です。
そもそも何故30万円なのかというと、これは信用取引ができるギリギリの価格なのです。
つまり、少なくとも30万円はないと、空売りができません。

今回は株式取引を体験する事を目的としているために、空売りができないのは困るという事で頑張って用意しました。

しかし、個人的にここまでやってきて利益を出しやすい銘柄というのは大体1500円/1株以上の価格帯だと感じました。
従って、株の最低取引単位は基本100株であるために、筆者の場合には、ポジションを一つ保有するともう取引ができなくなってしまいます。。。

つまり、ポジションを持っている最中にこれは儲かりそうだ!という銘柄がでてきてもポジションを持つことができません。

これは非常に機会損失であり、経験値を得るのにも損です。

まず、重要なのはいつ買い、いつ売るかという精度をどんどん高めていくことなので、正直こんなちまちま取引しているようではだめだと感じました。

学べることはたくさんあった

とはいえ、学べることは少なくありません。
30万円あれば、信用取引ができると書きましたが、損失が大きくなった場合には、追証を求められるので30万円というのは、かなり心もとないです。
つまり、30万円を利用して株を空売りしても、株の価格が上昇した場合には、損失が生まれ、保証金額が30万円を下回ります。
そうした場合には、追加で保証金が必要になるために、面倒です。

また、差金取引というものをご存じでしょうか?
株をやっている方は絶対に知っていなければならない知識なのですが、筆者は恥ずかしながら知らずに、売れない株をひたすら持ち続けなければならないという事態になりました。

株では基本的に市場を操作するような取引が禁止されており、一日の間に買った株を売るのは良いのですが、その後、また買い戻すような行為は禁止されています。

とはいえ、そもそも証券会社のアプリなどで禁止されているので、犯罪行為を知らずのうちに犯してしまうという事はないと思います。

しかし、例えば、昨日購入した株を本日売ったとします。
その後、まだ、この株上がりそうだなと思い、購入した場合には、その日中には売ることができません。

すると、その日にどれだけ下がろうが自分はポジションを手放せないという地獄がまっています。
筆者は幸い多額の損失を抱える事はありませんでしたが、ボラティリティの高い銘柄だったので、下がっても全くおかしくありませんでした。

上記のような経験もあるのですが、やはり一番重要な事は下記であり、日々自分がどういう条件で買いどんな時に売るのかをパターン化していくことです。

株の初心者本に書いてあることですが、こういうものはマイナスを少なくプラスを大きく、また、取引を機械的に行っていけるという事が重要です。

前者は当然なのですが、取引を機械的に行うというのは最終的に収支がプラスになる取引を継続して行っていけるパターンを自分に身につけられることが株で安定して稼ぐのに必要な知識であるために、ギャンブルをしようとしている方を除いてこれが全員の目標になるはずです。

また、再現性がある取引はその取引だけに完結せず、ノウハウの本を書いたり、講師になったりなど幅広くマネタイズの幅も広がります。

投資は一生もの

株は技術だ!という書籍がありますが、筆者も株の取引は稼ぎ続けている人がいる以上技術と考えて問題ないと思います。

何が言いたいのかというと、株はスキルを身につければ継続的に稼ぐことができるものになるという事です。

それは継続的に稼ぎ続けているような人が世の中に多数いることからも同意できるものだと思います。

もし、仮に株が一生もののお金を生み出すスキルだとした場合に、これを身につけないのは単純に損だと思いました。

続ける意思があり、上記に同意できるのであれば若いころに出す損失がどのぐらいであれ、やらない理由がないのではないでしょうか。