ライターとして副業を始める前に知っておきたい一問一答

ライターとして家で働きながらお金がもらえる。そんな話を聞いたことがないでしょうか?もちろん怪しい話ではなく、実際にそれで稼いでいる方は多く存在しています。

でも実際にライターとして働くのはどんな感じなのでしょうか?ここではウェブメディアに掲載されるコンテンツを書く「WEBライター」に焦点を絞って、一問一答形式でお答えしていきたいと思います。

執筆者について

この記事の筆者は、新卒からWEBマーケティングの世界に足を踏み入れ、それ以降WEBマーケター&フリーランスとして飯を食ってきました。
数十人のライター管理に仕事として携わったこともありますし、個人的に立ち上げたWEBメディアはライターさんに協力してもらいつつ、今でも数十万というpvを毎月稼いでいます。

もちろん今でも個人でライティングを行うことも、納品される側に立つこともあります。

なので、「ワタシ チョット WEBライティング クワシイ」と言っても差し支えないかと思います。
ライティングを始めようと言う方の参考になれば幸いです。

副業としてライターってどうなの?一問一答!

稼げる?

答え:稼げます。月80万稼いでいる人もいます。

補足:WEBライターで月80万円なんてありえない、と言う方も多いかもしれませんが、最大でそのくらいの方を私は知っています。少し難しいことを言うと、納品に当たっての確定報酬ではなく、納品後のページビュー数に応じた成果報酬額だとこのくらいになることがあります。

そんなおいしい案件あるか、とおっしゃる方も多いかもしれませんが、表沙汰になっていないだけで結構あります。知人からの紹介案件などではこういったおいしい案件の情報が出回っているので、ライターとしてある程度成功するとこのような情報が入ってくるようになります。

ちなみに、現に月80万円を支払っていた方のブログはこちら。

【注意!】ただし、初心者でもいきなり月80万円稼げるわけではありません!
それなりの継続と忍耐が必要とされます。そんなにおいしい話ではありません!

続けられる?

答え:どのくらい稼ぎたいのか明確でないと挫折します

補足:経験上、ライティングそのものをやめてしまう理由で最も多いのは「目標を見失ってしまうこと」です。長い間ライティングを続けていたり、少し稼げるようになってもあまりの報酬額の少なさにやる気がなくなってしまったり、と多くのパターンがあります。
共通しているのは目標がよくわからなくなってしまう点です。
つまり、何の為に頑張っているのかが謎になってしまうんですね。

こういったことを防ぐためにも、最初にある程度お金儲けをした上で何がしたいのか、少し考えておくべきでしょう。
生活の足しにしたいのか、子供の学費のためなのか、自分へのご褒美として海外旅行をしたいためなのか…などなど。具体的なイメージを持っておくと、やる気をなくした時でも復活しやすいです。

どんな人が多いの?

答え:主婦も会社員も個人もいます。バラバラです。

解説:実は結構バラバラなのがWEBライターの現実です。

最も多いのが主婦です。時間が余っていることが多く、案件を発注する側からすると、主婦はまとめて時間をとってくれるのが有り難く、採用されやすいのです。あまり多くの人を採用すると成果物の確認や教育体制などを作る必要があるため、なるべく少ない人数の方にがんばってもらいたいと言う背景があるためです。

とは言いつつも専門性の高い内容を求められるWEBメディアもあるわけです。その場合に会社員の登場です。
例えばプログラミングや法人向けのITサービス、財務等の専門性の高いコンテンツに関しては、実際にその分野で経験のある会社員などがライティングをしていることがあります。もちろん法律が絡むようなものに関しては、メディアの編集部側で専門家による監修が入ることも多いので、業界知識があれば仕事が出来てしまうのです。

またお小遣い稼ぎ程度にしか思っていない大学生も多くWEBライターとして活躍しています。
専門性が要求されない、比較的単価の安い案件に集まりやすいです。

そして意外と少ないのが専業のWEBライター、つまり個人です。
正確にはわかりませんが、WEBライターの1-2割もいないんじゃないかと言う感覚がしています。
ライティング専業で食っていける人はそんなに居ないのです。

やはり世の中甘くはないですね…。

スキルは必要?

答え:ライティングスキルが必要。ただ身につけるのは容易な方です
解説:実際のところスキルは必要ですが、そこまで難しいスキルと言うわけではありません。最初に身に付けるべきなのは基本的なライティングのスキルです。結論を最初に書いたり、文章を短く簡潔にすることなどを徹底していきます。

その次に見つけるべきなのはいわゆるSEO、検索エンジン最適化のための手法を学んでいきます。
とはいってもそこまで難しくはなく、本1冊読めばある程度把握することができます。またライティングもSEOも本屋に行けば多くの本が揃っている分野でもあるため、そこまで学習難易度が高いわけではありません。

家から出て人と会う必要ある?

答え:会いません。例外はありますが。

解説:せっかく在宅で働こうと思っているのに、家から出て人と会う必要がある仕事などあるのでしょうか?基本的にはありませんが、場合によっては会う必要がある仕事もあります。

例えばインタビュー記事などは実際に自分で取材をする必要があります(インタビュー時の音声だけ渡されて文字起こししてくれ、と言うパターンもありますがインタビューそのものまで依頼されるケースもあります)。またレビュー記事などは現地に赴いて書く必要があるメディアも存在しており、その場合は家から出て人と会ったりする必要はあるといえます。

ただしそういった仕事内容の場合は事前に確認があります。
そもそもインタビュー代も含めて最初から報酬が高めに設定されているのです。
なし崩し的にインタビューに出てくれ、と頼まれる場合はまずありませんので安心してください。

時間はどのくらいかかるの?

答え:熟練で1時間に2000字が一つの目安です

解説:ライターと言えばひたすらパソコンに向かってカチカチ打っているイメージがあると思いますが、実際には調べごとをしている時間の方が長くなることもあります。

特にSEOを意識しなければならない場合は、競合サイトなどを調査しながらライティングしなければならないので、時間がかかってしまうこともあります。そのため1時間作業するとしてもずっとライティングができるわけではなく、大体1時間2000字も書ければかなり優秀な部類に入ります。
たしかに、原稿用紙5枚分も書ければ優秀ですね。

ちなみに書くことが決まっていればそんなに難しくはありません。
筆者は様々な方法を用いて1時間に4000字以上を達成したこともあります。

仕事あるの?

答え:選ばなければいくらでもあります。

解説:実は、WEBライターの書く文章によってものを売る仕組みは、コンテンツマーケティングと呼ばれているものです。これは会社側が検索してくれた人に対して有用な情報提供することで信頼感を作り、その結果として会社の売り上げが上がると言うものです。

そのため多くの企業がこぞってライティングに対して予算を割いています。今はかなりのチャンスということができるでしょう。

トラブルはないの?

答え:あります。が、対処方法はあります

解説:最も多いトラブルは「差し戻しの多さ」です。
提出した記事が確認者側で認められず、もう一度書き直し、と言われて書き直さなければいけなくなるものです。これだけではトラブルとは言えませんが、それが何回も続くとさすがに嫌気がさしてしまいますよね。もちろんその間報酬は支払われません。
記事は大抵の場合、納品にあたり報酬が支払われるからです。
その納品が認められないので、報酬は支払われないという理屈です。

ただし実際には発注者側からしても差し戻しはめんどくさいので、そこまで何回も差し戻しはしていられないと言う事情があります。
正直、差し戻しをするための自分の時間がもったいないので、「ダメな記事の2、3本くらい支払いをしてもいいので次の記事を書いてほしい」というのが発注者の個人的な本音でもあります。実際に筆者は会社でライターの管理をしながら、そんなことを思っていました。
そもそも嫌がらせがしたいために記事を発注しているわけではないので。

その他には月末締めのお金が支払われないと言うトラブルも考えられますが、このような支払いのトラブルを防ぐためにクラウドワークスやランサーズといったクラウドソーシングサイトでは様々な手段が講じられています。
具体的にはこのような未払いを起こすと二度と使えなくなってしまうのが普通です。そのため未払いを起こすメリットは全くありません。
実際にこのようなトラブルはほとんど聞いたことがないため、まずありえないと言って差し支えないのではないでしょうか。

長期的にはどうなる?

答え:専属ライターか、自分で稼ぐブログを作りましょう

解説:いつまでも下働きでライターをやっているつもりなのか、と言う懸念点はありますよね。もちろん副業のつもりでずっと続けていくのは可能ですし、世の中の多くのライターはそうしています。
ですが長期的に考えた場合は、WEBライターはどのようなキャリアになるのでしょうか?

1つ考えられるのは大手のメディアの専属ライターになることです。これは記事の納品による成果報酬型ではなく、月給である程度雇ってもらいながら記事を書いていく仕組みです。自分で何もかもやらなくてはならない反面、固定給なため通常のウェブライターよりもはるかに気楽だということができるでしょう。

もう一つ考えられるのは自分で稼ぐサイトを作ると言うことです。ウェブライティングのスキルが次第に上がっていくので、次第に読みやすいサイトが作れるようになります。マーケティングの知識やウェブの技術等を身に付ければサイトを作れるので、稼げるアフィリエイトサイトなどを作り、月数百万円を売り上げるようにすればよいのです。

ライティングの講師も考えられます。あなたが実績を積んで、大手メディアの専属ライターなり、アフィリエイトサイトでつき数百万円の売り上げ等を立てれば、その実績に対して人はお金を払います。ライティングの講師やコンサルタントとして生計を立てると言う手段も十分に考えられるのです。

副業としてのライターまとめ

いかがだったでしょうか。副業としてライターを始める際に考えてしまう疑問点に対してなるべく簡潔にお答えをするようにしました。
この記事を読んで1つでも疑問が解消できれば幸いです。

副業

Posted by freeweb1225