在宅でできる副業とは?おすすめ11選をご紹介!

2019年6月4日

在宅で気軽にできる副業はどんなものがあるのでしょうか?
この記事では在宅のままさくっと稼ぎたい方向けにお勧めの副業、20選をお勧めします!
副業を在宅でやってみたいけど何から始めればいいのかわからない、そんな方にオススメです。

在宅のままで副業がしたい…そんな自分でも出来る副業は?

在宅副業のおすすめ①:添削

大学受験や高校受験の小論文の添削を行うものと、ブログ記事の添削を行うもの、の2種類に分かれます。大学や高校の小論文の添削では、文章の「てにをは」や、起承転結がしっかり書かれているか、といった論理的な文章の書き方を見ながらしっかりと添削をしていきます。
ブログ記事では、論理的な文章の書き方と言うよりも、文章におかしなところがないかなど、どちらかと言うと読みやすさや、SEOを意識した書き方がしているかどうかをチェックするのが主な仕事になります。

メリット
添削の仕事は比較的単価が高めです。他の成果報酬型の文章をチェックする仕事は大体単価が1つあたり10円〜数円のものまで存在していますが、添削の仕事は様々なスキルを要することもあり、その単価は1本あたり100円程度になることがあります。
また添削の仕事を続けていると、文章力が上がりやすいこともオススメの理由の1つです。人に伝わりやすい文章があなたも書けるようになります。

デメリット
受験用の文章の添削は、応募と採用の時期が不規則です。そもそも訓練さえすればある程度誰でもできる仕事であるため、なかなか欠員が出づらく、不規則な時期に募集をしていることがあります。
さらに他のどんな在宅ワークにも言えることですが、納期前は忙しくなりがちです。受験用の添削ではシーズンがあり、秋や冬がかなり忙しくなり、逆に受験が終わった春や夏はそこまで案件が入らないこともあります。そのためピークシーズンにはかなり案件が集中しがちで、忙しくなることがあります。

在宅副業のおすすめ②:データ入力・文字起こし

その名の文字通りデータをひたすら入力していくものです。ただしデータの形式はかなり仕事によって異なっており、手書きの伝票や議事録をひたすら書き移していくものや、音声データを書き起こしていくものなどがあります。なお、後者のテープをひたすら起こしていくものは文字起こしと呼ばれています。
一般的なバイトで言うデータ入力とは、オフィスに出勤をして事務作業全般を行うものが多いですが、在宅ワークで言うデータ入力は文字通りデータの入力を求められるだけです。正確さと速さが求められます。

メリット
在宅ワークの中でもかなり自由度が高い部類に入ります。文字起こしの需要はいつでも存在しているため、いつ仕事をしても納期さえ守れば問題にはなりません。また未経験でも仕事がしやすいこともデータ入力・文字起こしの大きな特徴の1つです。

デメリット
データ入力には一種の適当さは許されません。特に議事録等では聞き取ったまま、発言者の咳払いや「あー」「えー」といった言葉などもそのまま入力を求められることがあります。さらに入力文字数等のノルマが求められることもあり、その場合はかなり辛いことも。
加えて同じ作業の繰り返しのため飽きてしまう場合もあるようです。

在宅副業のおすすめ③:ライティング

ウェブメディアの記事やホームページに掲載するコンテンツをひたすら書いていくものです。あなたが普段読んでいるメディアの記事もインターネットから募集されたライターが書いている可能性もあります。このような記事は成果報酬型で1記事数千円、もしくは1文字x円といった単価で募集に出されており、あなたも応募すれば簡単にライターになることができます。
クラウドソーシングなどのサービスによって募集されているため、まずは各種クラウドソーシングサービスへの登録が必要になります。

メリット
穴場的に高単価な案件もあり、その場合はかなりお得にお金を稼ぐことができます。例えば、わずか数百文字を書くだけで数万円という、とんでもない応募条件の案件が存在していたことも。つまり内容にもよりますが、わずか数十分の実労働時間だけで、数万円を手に入れることができるということです。なかなかおいしいですよね。
またSEO等を意識しているメディアがほとんどなので、ウェブマーケティングやSEOの知識があると有利に応募することができます。

デメリット
ほとんどの場合、クラウドソーシングでの応募になるため、自分で応募する必要があります。もちろん百発百中で案件の受注できる事はないため、案件を落としてしまいがちな時期にはほとんど収入がないと言うこともあります。またクラウドソーシングでは入金のタイミングがかなりバラバラになることもあり、先月のライティングの仕事がいつまでたっても報酬が振り込まれない、と言うようなことも起こる可能性があります。
また金融・保険などでは資格を保有していれば良い案件が回ってくるようになりますが、その勉強代などは当然、全て自腹で払う必要があります。

在宅副業のおすすめ④:アフィリエイト

アフィリエイトは簡単に言ってしまえば営業です。商品を売りたい企業と提携をし、あなたがブログや動画などでその商品の宣伝をします。そこから売り上げが上がった場合に、企業があなたに広告宣伝の手数料として報酬を支払ってくれるものです。基本的に成果報酬型であり、あなたが作ったブログから売り上げが上がれば上がるほど、あなたの収入もどんどん伸びていきます。

メリット
最大のメリットは最初に初期投資がほとんどかからない一方で、うまくいくととんでもない額を稼ぎ出すことができると言う伸びしろです。
この伸びしろは大きく、ブログや動画サイトはあなたが寝てる間も動き続けるので、寝ていても収入が入ってくる状態にもっていくことができます。またブログを開設するのに初期投資はほとんど要りません。無料で開設することもできるため、事実上ほとんどのノーリスクで始めることができます。

デメリット
最も大きなデメリットの1つは、アフィリエイトブログも売り上げが立つまでに時間がかかると言うことです。1年ぐらいは全く実績が出ないこともあります。しかしブログは書き続けないと評価がされないので、いくら実績が出なくてもブログを書き続ける必要があります。この時期が最も辛く、やめてしまう人が多いのです。
また何の知識もなくアフィリエイトブログは運営できません。SEOの知識はもちろん、ウェブマーケティング全般の知識が必要になってきます。さらにライティングスキルが問われるのが難しいところ。あなたはその商品の営業をしなくてはならないので、なるべく読ませる文章を書かなくてはならないのです。好きなことばかり書いていていいわけではありません。

在宅副業のおすすめ⑤:シナリオライター

シナリオライターとは、ゲームやアニメのシナリオを考えていく職業のことです。かつては制作会社のプロデューサーやディレクターといった職業の人たちがシナリオを考えていましたが、近年では専門のシナリオライターを雇ったり、外注したりすることが増えています。
またいわゆるバーチャルYouTuberが増えてきたため、YouTube関連の仕事も増えてきていると言われています。学習素材のゲーミフィケーションと呼ばれる、教科書などをゲーム式にすることで学習意欲を促進させる教材なども増えてきており、その関係の仕事も増えてきているため、近年ますます需要が大きく、またハードルが下がってきている職業と言えるでしょう。

メリット
最大のメリットはあなたの作ったシナリオや創造したキャラクターがきちんと世間に評価されたときの喜びです。自分の考えたものが楽しんでくれる人がいる、と言うだけでもかなりやりがいのある仕事と言うことができるでしょう。
また初期投資等は一切必要とされません。あるのは面白いストーリーを描くためのある程度のテクニックと、後はノーハウだけです。自分で投資が必要にならないため、始めること自体にリスクはそこまでありません。

デメリット
まずシナリオライターの職業そのものは安定とは無縁です。考えたものが評価され続けなければ、あなたのシナリオライターとしての評価は全くなくなってしまいます。つまりあなたの考えたことが採用されなければ全く意味がないのです。
またいきなり大きな案件を任される事はありません。実績が挙げられない場合、殆どただ働きでゲームのデバッグなどを任されることも…。実績がかなり重視される世界だと言うことは、しっかりと気をつけておきましょう。

在宅副業のおすすめ⑥:イラスト

フリーランスのイラストレーターとしてイラストを納品することで、お金を稼ぐ職業です。本業のイラストレーターほどお金を意識する必要は無いとは言え、本業のイラストレーターと常に競合していることは意識する必要があります。取引相手は個人から法人にも及びます。知人の紹介の場合もあれば、店舗を運営する個人事業主、さらには全国に支店を抱える大企業までさまざまです。

メリット
筆者も経験があるのですが、自分が手がけたイラストやデザインが採用されているとなんとも言えない充実感を味わうことができます。自分が考えたデザインが良かったがゆえに使ってくれる人が世間にたくさんいるのだな、と考えるだけでもデザイナーの冥利に尽きると言えるでしょう。

デメリット
待っているだけでは仕事が来ないため、あなたが自ら営業する必要があります。イラストレーターは自ら売り込むための飛び込み営業や名刺交換会などの営業行為を怠ってはいけません。またどんなに小さな案件でも最初は割り切って請け負い、少しずつ実績を積み上げてから大きな案件を狙っていきましょう。
また案件の内容によっては、事前の打ち合わせ等が何回も入ることもあり、絵ばかり書いていて良いわけではありません。もし副業としてイラストレーターを行う場合は、本業でもいつ打ち合わせが入ってもいいように時間が動かしやすい形にしておくのがベストです。

在宅副業のおすすめ⑦:翻訳

最初から存在するマニュアルや本、文章などをひたすら外国語に翻訳する、もしくは日本語の文章を英語に翻訳していくものがあります。最も多いのは英語で案件も大量にありますが、単価は少々落ちてしまいます。基本的にマイナーな言語であればあるほど案件は減っていきますが、単価は高くなる傾向があります。もしあなたが英語・中国語・韓国語以外の言語で何か得意を活かせる言語が存在するのであれば、検討してみてはいかがでしょうか。

メリット
語学の勉強になることがまず1つ目の大きなメリットです。納期さえ守ればどんなに時間をかけてもそれはあなたの責任です。ゆっくりと勉強しながら翻訳していくことも可能です。
また翻訳の仕事はほとんど成果報酬型であるため、時間はかなり自由に選ぶことができるのも大きなメリットでしょう。日曜日だろうが、平日の深夜だろうがゆっくりと仕事ができます。

デメリット
翻訳の最大のデメリットは内容をしっかりと保証する必要があることです。翻訳文の中身は会社の契約書の翻訳から、中には製造業で使うマニュアル、医療系の専門的な文章まで含まれることがあります。そのためあなたが翻訳した文章が間違っていると、最悪の場合には裁判や、下手すると人命が失われる可能性すらあります。このことを肝に銘じた上で、真摯な態度で翻訳を行うのが望ましいでしょう。
また前述の通り、医学や製造業などの専門知識が問われることもあり、その場合は単価も高くなりますが、勉強も必要です。無理そうだと思った案件は受けてはいけません。

在宅副業のおすすめ⑧:映像編集・画像編集

インターネット上でどのような映像の編集や画像の編集ができるのかをあらかじめ登録しておき、案件が来るたびに自分ができるかどうか吟味した上で値段を提示し、受注をするものです。また知人から紹介で請け負うパターンなどもあります。当然どのような映像が作れるのかで、請け負えるものもかなり違ってきます。最も多いのは結婚式用の映像です。それ以外にも友人にプレゼントするための動画作りなどもありますが、最近急増しているのはYouTube用の動画編集。YouTuberのオープニング映像やエンディング映像を作成したりすることが多いそうです。

メリット
動画編集や画像の編集は読書のスキルとして見なされているため、成果報酬型で場合によってはかなり高単価で作業ができることがあります。動画に合わせて自作の音楽を入れることができたりすると、さらに報酬が高くなる傾向にあります。
また結婚式用の映像等は本当に必要とされているため、いざ完成し納品したときのやりがいはかなり深いものがあります。本当にできの良いものができると、まるで自分が作成したものとは思えないほどの、オーラをまとった作品になることもあるそうです。人生の重要な節目にふさわしい作品に携わるため、なかなかやりがいのある仕事と言えるのではないでしょうか。

デメリット
極端に単価の安い案件なども存在しており、特に依頼者側が案件の内容についてよく理解していない場合なども考えられます。こういう雰囲気にしておいてほしい、などの曖昧な要求は要注意です。何回も差し戻されて修正が入る可能性があります。またそのような人は相場についてもあまり調べていないことが多いので、とんでもない安値での取引を持ちかけられることもあります。
あらかじめ取引をする際はどのような商品が出来上がるのかを、受注者と発注者ですり合わせをしておくことが重要です。

在宅副業のおすすめ⑨:ホームページ制作

さらに専門的なスキルに、ホームページの制作があります。ホームページのリニューアルの中は常に一定数あるため、案件そのものは継続的に存在しています。初心者であれば、クラウドソーシングなどで探すのが一般的です。
ホームページの制作といっても、完全に1から何もかも自分で制作しするものもあれば、一部の見た目だけを直してほしいと言うようなもの、さらにはデータベースやサーバーの設計が必要になるような本格的なものまで、必要な技術レベルは実に様々。案件に応募する場合は、自分のスキルで可能かどうかよく吟味してから受注しましょう。

メリット
高い単価の案件が多いことです。ホームページの制作は専門知識であるため、サラリーマンの平均月収の2-3ヶ月分から、100万円を超えるようなものまで存在しています。その分求められるクオリティーも高くなりますが、相場が定まっていないこともあり、その場合はかなりお得な案件を見つけることもできます。

デメリット
案件の相場がかなり高い分、受注に至るまではそれなりの努力が必要です。また受注に至っても一括で支払われる事はほとんどありません。最初に着手金や手付金で一部が支払われ、進捗状況に応じて次第に支払われるものが多いです。そのため一挙にお金が入ってくる事はほとんどありません。
また振り込みまでが遅いため、今行っている作業が報酬に繋がるのがおよそ2-3ヶ月後、といったようなこともあり得ます。手っ取り早くお金を稼ぐ手段では無いことをよく肝に銘じておきましょう。

在宅副業のおすすめ⑩:アプリ制作などのプログラマー

ウェブサービスやアプリケーションなどを1から作ってしまうことで、報酬につなげるものです。法人による発注もありますが、個人が「このようなサービスを作りたい」と言う動機のもとに発注元になる場合もあります。クラウドソーシングなどで募集されており、相場はおよそ10万円程度から100万円にもなることがあります。受注するにはある程度の実績が求められるため、簡単な案件で少しずつ実績を積んでから大型案件に取り組むことをお勧めします。

メリット
プログラマーとしてのスキルアップにつながりやすいことです。特に組み込み型の開発をしているプログラマーやエンジニアでは、自ら1からプロダクトを作って完成させると言う経験は貴重なものになるでしょう。自分が最初から設計したプロダクトがきちんと動く時は言い表せない満足感があります。

デメリット
最大の問題が、発注元がアプリ制作などに慣れていない場合が非常に多いことです。プログラマーとしてプログラミングに慣れていない発注者と向き合うのは相当な負担になります。簡単に修正してくれと言いはするものの、データ構造からして難しく、対応できないのに成果報酬だからやるしかない、と言うようなことも起こりえます。あらかじめリスクは承知の上で、受注するのか、発注元とよく話し合うのか、などを考えておきましょう。

在宅副業のおすすめ11:せどり

せどりとは、安く売られている商品をリアルの店舗などを調達し、高い値段でネットオークションサイトで販売することでその差額が収入になるものです。あなたが商品を作るのではなく、既に存在しているものを適切に評価される市場に出すことで、商品が適切に評価されるようになり、また市場にもより良い商品が出回るようになります。

メリット
始めること自体にはそこまで準備はいりません。広いジャンルでなんでも安いものを買ってくるのではなく、マニアがいる、高値で取引されがちなジャンルを選び、安い調達手段を確立してしまえば良いのです。基本的に購買側はマニアになるため、彼らを満足させるような質の高いものを調達する必要があります。そのため、あなたもある程度好きだったり、趣味としているジャンルを選ぶことでより効率的にせどりが出来るようになります。

デメリット
古着屋やフリーマーケットなどで商品を調達する場合、売ってくれる側の理解が得られないこともあります。そういったお店にはそもそも行かないようにするか、なんとか理解してもらえる形で取引をすることが重要です。
また、普通の人の在庫管理能力や、商品回転率では月収およそ10万円ほどが限界だと言われています。そのため、それ以上を稼ぎ出すにはなんらかの特殊なスキルや販路開拓などが必要です。

在宅の副業おすすめ11選のまとめ

いかがだったでしょうか。
クラウドソーシングなどを通して副業を行うハードルは年々下がりつつあります。家にいながらにしてバイトをすることや成果報酬型の請負でお金を稼ぐ事はそんなに難しくないのです。
まずはできそうなものからやってみることをお勧めします。百聞は一見にしかず。さくっとやってみましょう!